FC2ブログ

『 夢の途中 』

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
スポンサーサイト



『 ひと夏の経験 』

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

『 私鉄沿線 』

今日の大阪は、曇り時々晴れ
梅雨はどこに行ったんだろう?^^;
 
 
さて、本日の一曲ですが・・・
昨日の西城秀樹さんに続き、新御三家シリーズと言うことで
野口五郎さんの「私鉄沿線」をお届けします(笑)
 
実は、この曲には、一つの思い出があります。 ←お約束^^;
 
携帯もメールもなかった時代
駅に「伝言板」なるものがあったのをご存知でしょうか?
そんな時代のお話です。
 
阪急沿線のとある駅
トイレは共用で風呂もない、そんな古いアパートで一人暮らしをしていた僕の部屋に、時々訪ねて来ては、料理を作ってくれたり、部屋の掃除してくれたり、そんな優しい女性が居ました。
 
平日の昼は図書館通い、夜は皿洗いのアルバイト
だから、彼女がやってくるのは、決まって日曜日
朝の10時頃に、駅で彼女を出迎え、一緒にモーニング・コーヒーを飲んで、その後に買い物。そして、昼は彼女の手料理
 
そんな夢のような生活が、半年ほど続いたでしょうか・・・
 
結婚適齢期の女性と生活力ゼロの男
上手く行くはずがありませんよね^^
 
♪ぼくたちの愛は 終わりでしょうか
 季節もいつか 変わりました~♪
 
と言うことで、秋風とともに儚くも終わりましたとさ^^;
 
 
 

 


(別記)
本日は、43人もの尊い命が失われた、我が故郷・雲仙普賢岳の大火砕流から22年目
現地島原では、「いのりの日」と言うことで、亡くなられた方々の冥福を祈る行事が行われているようです。
当時、僕は既に大阪に住んでいて、幸い、親戚・友人・知人には大きな被害も無かったんですが、TVに映し出される、変わり果てた故郷の姿にショックでしたね。
 
亡くなられた方々のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。
 
余談ではありますが・・・
 
僕は、高校生活3年のほとんどを下宿生活していたんですが、家庭の事情で3ヶ月ほど列車通学したことがあります。
今は無き、島原鉄道というジーゼルカーのみの私鉄で約1時間半
ほとんど男子校だった工業高校に通っていた僕にとって、商業高校に通う女生徒のセーラー服姿が眩しかったのを思い出しますね。
 
 
 
 
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ

続きを読む

『 憧れ遊び 』

雨上がりの大阪、予報どおり陽が高くなっても気温が上がらず
良いお天気だけど、風も強くて・・・
お昼ごろには、何処からともなく粉雪が舞っていました^^;
 
そんな土曜日の夕暮れ時
なかなか片付かない机の上の書類の束を横目に
「なんだかなぁ~」
と言うことで、こんな曲を聴きながら感傷に耽っています(笑)
 
 
さて本日は・・・
この曲をBGMに、久しぶりに「思い出の女(ひと)」をお届けします。
 
男が、東京での研修に参加していたときのこと
人見知りの彼は、研修所の大食堂での昼食を避け、外の喫茶店で昼食を済ませるのが日課でした。
そんなある日のこと
専門書を読みながら、サンドウィッチを食べていると、人の気配が
ふと見上げると、彼女が優しく微笑んでいました。
 
「ここ、いい?」
「あ! どうぞ」
「浜崎さんは、いつもここでお昼を食べているの?」
「いつもここと言うわけじゃないけど、あの食堂は煩いからね」
「私もそうなのよ。あ! お勉強の邪魔?」
「とんでもない! それはそうと・・・」
 
彼女は、同じ研修の仲間で、物静かだけど一際優秀な女性
この際だからと、いろいろ質問をぶつけてみると、一つ一つ丁寧に答えてくれます。
 
「よく勉強してるんだねぇ~」
「たまたま昨夜、その関係の本を読んだだけよ」
 
 
 
 
 
 
君を花に例えたら 笑うだろうか
白いユリのようだと云えば
胸の炎に気づいてないと
戸惑うだろうか

君を海に例えたら おこるだろうか
深い謎のようだと云えば
胸のうねりも俺のためだと
いらだつだろうか

君の言葉に歌を聴き
君のしぐさに舞を見る
男はいつも憧れ気分
口づけの間も夢遊び

 
(後注)
ちなみに、この堀内孝雄さんの「憧れ遊び」という歌
年末の時代劇「忠臣蔵」のテーマソングだったようです。
歌詞の内容が「忠臣蔵」と、どう繋がるのかは不明ですが^^;
 
 
 
 
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ 

続きを読む

『 お久しぶりね 』

時折雲が広がるけど、まずまずの晴天に恵まれた当地大阪です^^

国道沿いの欅並木の落ち葉が風に舞ってビル内にも入ってくるようで
ビルの管理人さんが
「これから、掃除が大変になりますわ」
なんて、愚痴をこぼしていましたね^^;
 
 
さて、本日の一曲ですが・・・
 
実は昨日
「さくら」さんの「お久しぶりね~って言ってみたい」というコメントにリコメしていて
♪お久しぶりね~ あなたに会うなんて♪
というフレーズが浮かんできました^^
 
改めて聴いてみると
「ん? これは一種のアンサーソングだなぁ~」
と言うことで
昨日の「思い出さがし」の続編(外伝?)をお届けします。
 
曲は、もちろん
杉本真人・作詞作曲、「小柳ルミ子」さんで『 お久しぶりね 』
  
阪急梅田駅の下にある「紀伊国屋書店」で10年ぶりの再会を果たした二人
 
「〇美ちゃん、時間があるならお茶でもどう?」
「私は大丈夫だけど、浜ちゃん、お仕事は?」
「もうこんな時間だし、事務所に『直帰する』って電話するよ」
 
新阪急ホテル1階のロビーラウンジで向かい合う二人
 
「どうしたの? そんなに私の顔をみて」
「いや・・・ずいぶん綺麗なお姉さんになったと思ってね」
「はは。私も、もう26歳になったんよ」
「そっか・・・もう10年になるんやねぇ~」
「浜ちゃん覚えてる? 二人でエキスポランドに行ったの」
「覚えてるよ。無理やりジェットコースーターに乗せられたよね」
「そうそう。浜ちゃんが、あんなに怖がりだとは思わなかったわ」
「はは。僕は、ああいうの苦手なんよ^^;」
「最後に観覧車に乗ったよね?」
「そうやったね・・・」
 
見つめ合う二人、沈黙の時間が流れる・・・・・
 
続く・・・かな?^^;
 
 
 
 
 
お久しぶりね あなたに会うなんて
あれから何年 経ったのかしら
少しは私も 大人になったでしょう
あなたはいい人 できたでしょうね

お茶だけのつもりが 時のたつのも忘れさせ
別れづらくなりそうで なんだかこわい

それじゃさよなら 元気でと
冷たく背中を むけたけど
今でもほんとは 好きなのと
つぶやいてみる

もう一度 もう一度生まれかわって
もう一度 もう一度めぐり逢いたいね



(後注)
今さら言うまでもないことですが
昨日のお話も、今日のお話も99%は作り話(嘘)ですので
くれぐれも誤解のないようにお願いします(笑)
 
 
 にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ

続きを読む

プロフィール

浜崎伝助(浜ちゃん)

Author:浜崎伝助(浜ちゃん)
お酒と音楽をこよなく愛する浜崎伝助(浜ちゃん)です。

にほんブログ村のランキングに参加しています。応援宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ
にほんブログ村
ブログ村・現在のランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
【最新記事】
【書   庫】
GS (2)
Uru (4)
検索フォーム
訪問者累計
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧

Bicy...cle. Life

ちわぐるず

はすの上のヴァイオリン弾き

4ダックスとCoCoのワン♪ワン♪ワン♪ワン♪

まあ坊の旅日記

まこちゃんのブログ

☆さくら☆のブログにようこそ ! !

Pluto&Paral&Ponim diary!!

WATADA TOWN☆

スローライフのススメ

浜ちゃんの夢日記(別館)

Wisteria'Room
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新コメント
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ(シンプル)
QRコード
QR